• ホーム
  • バイアグラにはジェネリックも登場しています。

バイアグラにはジェネリックも登場しています。

カプセルと錠剤

薬には特許によって保護されており、先発薬が発売されて一定期間は他の製薬会社から無許可でその成分を使った薬を出す事は禁じられています。具体的に薬の場合には物質特許と用途特許があり、前者は成分の特許であり、後者は用途の特許になります。例えば、バイアグラの主成分であるシルデナフィルそのものは物質の特許ですが、EDは治療薬のバイアグラは用途特許になります。なお、用途特許と商標は別ですから、いくら特許切れになったからといっても、他社が勝手にバイアグラという商品名を使う事はできません。

バイアグラの場合には物質特許は2013年5月17日、用途特許は2014年5月13日にそれぞれ満了となっており、他社がシルデナフィルを使用してED治療を目的とした薬を発売することができます。ただし、実際には生物学的同等性と長期保存試験や加速試験など薬剤の安定性を証明して、手続きを行い、厚生労働省から製造販売承認を得る必要があるもので、ジェネリックだからといってすべての製薬会社から簡単に発売できるというものでもありません。なお、これは日本国内で発売する場合で、海外では特許制度の仕組みが異なる場合もあります。特にインドの場合には国際的な特許期間よりも短く設定されているため、日本でジェネリックが登場するよりも前に、先発薬と同様の性能を持つ薬が発売されているものです。これらは一般的なジェネリックと異なって、コピー薬とも呼ばれます。

日本で正規に発売されているバイアグラのジェネリックは、後発医薬品の製造販売を行っている東和薬品のものが最初で2014年5月26日に発売されています。ジェネリックといっても先発薬と全く同じ様なものから、飲みやすく工夫したものがあり東和薬品の場合にはOD錠です。OD錠は水なしでも飲めるように工夫したもので、味付けがなされているのが特徴のものでレモン風味とコーヒー風味があります。この他にも厚生労働省からの製造販売の承認を受けた製薬会社としては陽進堂、あすか製薬、キッセイ薬品、テバ製薬、シオノケミカル、大興製薬、辰巳化学、マイラン製薬、富士化学工業があります。いずれも通常の錠剤で、東和薬品も含めてシルデナフィル錠という名称となっています。ただ製造販売の承認を受けても実際に販売していないものもあり、一般的にクリニックで処方されるものは、東和薬品かキッセイ薬品のシルデナフィル錠が中心です。

価格に関してはジェネリックだからといって劇的に安くなるわけではないですが、バイアグラがシルデナフィル50mg錠で、1,500円前後であるのに対して、ジェネリックは同等品で1錠1,000円前後になります。特にバイアグラのジェネリックとして、カマグラゴールドは人気が高いED治療薬です。通販サイトですと手軽に購入も可能で、カマグラゴールドを今すぐ通販でチェックしてみるのも良いでしょう。

関連記事
女性にバイアグラを使った場合の効果 2020年05月08日

バイアグラおよびその有効成分であるシルデナフィルは男性のEDに対して使われるもので、本来は女性に対して使用するべきものではありません。ただ、ホルモンに影響を与えるのではなく血管の拡張作用というものであるため、少なくとも併用禁忌薬を飲んでいないこと、使用を注意すべき健康状態でない場合には女性も服用する...

ピルカッターを使えばバイアグラを安く使えるその理由 2020年04月10日

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは日本国内では25mgと50mgが承認されており、海外ではED治療としては最大100mgまでの使用が認められているものです。成分が多いほど効果が強いかといえばそうではなく、効果が出るまでの時間や持続時間もどちらもあまり変わりません。もちろん少なすぎると効果が出...

バイアグラは通販で購入することができる 2020年03月26日

現在ではさまざまなものが通販で購入することができますが、バイアグラのような医薬品に関しては通常の通販で購入する事は出来ません。理由としてはバイアグラが日本では処方せん薬であり、原則として医師の診断を受けなければならないためです。このためドラッグストアなどで気軽に購入できる市販薬と異なって、簡単には手...