• ホーム
  • EDとインポテンツの違いとその原因

EDとインポテンツの違いとその原因

EDはErectileDysfunctionの略で、勃起不全と日本語に訳されますが、それ以外にも勃起機能障害、勃起障害などとも訳されます。定義としては、通常の性交渉の機会があって75%以上で行えない状態とされており、その内容もまったく勃起せずに行えない場合から勃起はするもののパートナーが満足できるまで勃起を維持できない場合と広範囲です。つまり、男性にとって性交渉が満足に行えない、または満足に行えないと思うようになれば、それはEDと言えます。

一方でEDという言葉が登場する以前はインポテンツという言葉が使われてきました。インポテンツはドイツ語が由来の言葉で、略してインポとも呼ばれます。しかし、このインポテンツの意味としては性欲、勃起、性交、射精、達成感のいずれか1つ以上欠けるまたは不十分な状態を指すものです。これは勃起不全と異なって、機能としてまったく性交が行えない状況を意味するものであって、現在では性機能障害に相当します。

このためEDは広範囲な勃起不全や性生活の悩みが含まれますが、インポテンツの場合にはそれ以前に性機能が失われた状態であり、ある意味では重度のEDと呼べる状態で、場合によっては不能を意味するものです。

EDは、日常生活の中でも起こりうるもので、特に心因性のものが多いですが、インポテンツになる理由の場合には器質性や薬物性が原因になるものです。そもそも男性の勃起は、五感から性的刺激を受けて、脳がシグナルを発信することでペニスの平滑筋を弛緩させて血液を流れ込ませることで起こります。問題が発生する場合には、ひとつは性的興奮を起こさないケースで、これは稀ですが存在し異性または同性に対して興味を持たないことがあるものです。また性的興奮を覚えても、神経が正しく伝わっていなければ平滑筋が弛緩しませんから、勃起は起こりません。また平滑筋が弛緩してもペニスに繋がる血管が硬化したり、狭かったりして十分に血液の流量が確保しなければ、いくら性的興奮を覚えていても、十分な勃起が起こらないものです。

インポテンツの場合には特に器質的な障害が大きい場合に起こりやすいもので、バイアグラなどED治療薬を使用しても十分な効果を得られないこともあります。また精神的に異性や同性といったものに対して性的興味を覚えない場合にはED治療薬を処方しても、効果を発揮するものではありません。

関連記事
バイアグラにはジェネリックも登場しています。 2020年03月12日

薬には特許によって保護されており、先発薬が発売されて一定期間は他の製薬会社から無許可でその成分を使った薬を出す事は禁じられています。具体的に薬の場合には物質特許と用途特許があり、前者は成分の特許であり、後者は用途の特許になります。例えば、バイアグラの主成分であるシルデナフィルそのものは物質の特許です...

女性にバイアグラを使った場合の効果 2020年05月08日

バイアグラおよびその有効成分であるシルデナフィルは男性のEDに対して使われるもので、本来は女性に対して使用するべきものではありません。ただ、ホルモンに影響を与えるのではなく血管の拡張作用というものであるため、少なくとも併用禁忌薬を飲んでいないこと、使用を注意すべき健康状態でない場合には女性も服用する...

EDを改善したいなら食べ物の質を良くする 2020年06月24日

ED治療薬の役割は、ペニスが勃起しやすくするものであり効果としては一時的なものです。精力や体力を高めるというものではありません。このようなことから、食べ物の質を改善したり体力づくりをすることが、ED治療薬の効果を最大限に発揮し、根本的にEDを解決するためにも欠かせないことです。そもそも、ED治療とい...

20代でもEDになってしまう可能性は 2020年05月27日

男性がEDになる理由はさまざまです。年代に関係なく、20代でもなる可能性はゼロではありません。しかし、基本的にEDとは、それまで正常な性行為が出来ていたもののそれが出来なくなった状態を指しますから、性行為そのものに慣れていないことによって、満足のいく結果が得られないような場合には、本来のEDとやや意...

ピルカッターを使えばバイアグラを安く使えるその理由 2020年04月10日

バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは日本国内では25mgと50mgが承認されており、海外ではED治療としては最大100mgまでの使用が認められているものです。成分が多いほど効果が強いかといえばそうではなく、効果が出るまでの時間や持続時間もどちらもあまり変わりません。もちろん少なすぎると効果が出...